お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

MERIT

将矢の強み

Expert company
SHOUYA

製品製造に関わる情報を適切なタイミングで把握して、
適切なアクションに結び付ける為の様々なビッグデータを同時に示す〝コックピット〟として将矢をお使い下さい

将矢の強みBEST 3
  1. 1.Production capacity
  2. 2.Strategic planning capacity
  3. 3.Information-gathering capacity

Production capacity製造力

株式会社将矢を支える強みとして、多種多様の工場と多くの職人によってあらゆる生産工程に対応できるシステムがあります。一般的には商品単位での製造となり少ロット生産ではコストが高くなります。しかし、将矢では多くの場合、年間総生産量のサイクルが一定量を超えることから、時に少ロット生産の場合でもコストを最小限に抑えることが可能です。

merit1

Strategic planning
capacity企画力

株式会社将矢では、MRのBIG DATAを基にプランニングから各種イベント、様々なプロモーションに連動させた製品やグッズの製作を得意としています。加えて、消費者が商品を手に取る瞬間を考えてディティールに拘ったデザイン性やその用途についても、唯一無二の製品作りを御提案できると自負するところです。

Information-
gathering capacity情報力

株式会社将矢では、国内外問わず市場調査を行い、常にアンテナを高く持つように心がけています。将矢の心臓部とも云えるビッグデータを活用する事で、例えば、感性的な消費を扱う場合に重要な指標となるサイコグラフィック変数の調査や売れ筋商品を把握する為のMRによってターゲットをセグメンテーションし、各々のイベントに関連した商品開発のご提案や観客の関心を引く事で劇場や会場に足を運ばせる要素となり得る旬なマーケティングフックの御提案が可能となります。

merit1

Product
diversification
strategy製品多角化戦略

PB(Private Brand)とNB(National Brand)のOEM(Original Equipment Manufacturing)は株式会社将矢の最も得意とする領域です。
次代を担うインタラクティブディレクションを駆使することで、消費者を繋ぐクラアントのニーズに応え、時にはユーザー目線でのご指摘ご提案ができれば
相互メリットが生まれ継続的な開発の創造が実現します。

  • Target Intelligence

    データの収集・蓄積・分析・報告

    plus
  • Interactive Direction

    相互メリットの創造

    plus
  • CONTINUOUS DEVELOPMENT

    継続的な開発